2005年05月28日

ドラゴンクエストはなぜ面白いのか?(スタブ)

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) とにかくゲームをしない私ですが、ドラゴンクエストは面白いと思う。ファイナルファンタジーの方が絶対にストーリーとしてはよくできているんだけど、でもやっぱりドラクエ。

 ストーリーが面白いとかじゃないんですよ。実はドラクエの素晴らしさは「チューニング」にあるんです。パラーメータの微妙な調律。

 反対に、「このゲームのチューニングはひどいな」と思ったのが「桃太郎伝説」なんですが、以下にこの二つのゲームを比較したりしながら、ドラクエを称揚したいと思います。
 こういう視点でゲームが語られることはあまり無いんじゃないかと思いますので、ゲームを作る人の参考にでもなれば幸いです。(議論されつくされてたらすまん)

■ランダム要素
・ドラゴンクエストの戦闘においては、ランダム値は大きく反映されない。
・相手に与えるダメージ、受けるダメージとも、変化の幅は標準値のプラスマイナス10%も無いのではないか。
・会心の一撃(痛恨の一撃)や、身をかわす、ミスはあるが、出現する可能性は極めて低い。(ミスは、多くの場合、ランダムに出現するわけではなく、攻撃側の防御力と非攻撃側の攻撃力に依存する)
・それに比して、「桃太郎伝説」の戦闘では変化幅が非常に広く取られている。標準値の50%位取られているんではなかろうか?予想していた半分のダメージしか敵に与えられず、負けるはずのない戦闘に負けたりすることもしばしば。
・さらに、このゲームでは犬・猿・雉(きじ)がお供に付くのだけれど、この3匹がろくに働かない(笑)それなら別にいいんだけど、たまーにこいつらが敵にダメージを与えたりするので、こっちとしてはいざというときに期待してしまったりする。
・そのようにランダム要素が多いので、勝つはずのない戦闘で勝ったりする。それはいいんだけど、当然、雑魚キャラに予想外のダメージを受け、お供も期待通りの働きを見せずに死んでしまうこともかなりな確率で発生する。
・その結果、ユーザーは「釈然としない」感情を持つ。ゲームとはいえ、これはストレスだ。「負けてしょうがない相手」に負ければ「がんばるぞ」と思うが、負けるはずのない雑魚キャラに負けると「なんだよー」と不満を感じる。それが積み重なるとゲームはつまらなくなる。

<この記事はスタブ(書きかけ)です。以下は、今後暇があったら書き足すテーマ>
■戦闘モードの進行スピードと、敵キャラクターへの個性付け
■成長スピード
■魔法の習熟スピードとアイテム価格のバランス
■アイテムの使い方解説と、アイテムへの個性付け
■ダンジョンのトラップ
■ゲーム進行の条件付け
<ただ、私がやったことあるのは4までなんです。すまん。さすがに8まで行ったらマンネリでしょう。ただ、上で論じてる「面白さ」はストーリーを乗っける前の演出なんで、応用は利くと思うのです。>
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
>ただ、私がやったことあるのは4までなんです。
大うけしてしまいました。"^_^"
桃太郎伝説‥ 懐かしいぃ‥
授乳の後のゲップさせがてら、経験値上げをしておりました。(^^;;;
もうセーブ命でした。そういえば。
で、安心して遊べるのはドラクエですネ。
でも面白いのはFFで、ただ、最後のダンジヨンはまとまった時間が4時間くらい無いとクリアできないので、風邪だと嘘をついて親に子どもを預けて‥
クリアしたりしておりました。(^^;;;(^^;;;
ただ、FFも7からは別物、という感じがします。
ドラクエも6まで‥かナ〜
7には新しさを感じずに、ただ映像がリアルになっただけ?
なので、8はしていません。(^^;;;
あ、FFは全てしていますけど‥f(^^;)
昔のRPGには目の無いthorn_roseでした。m(_ _)m
Posted by thorn_rose at 2005年05月30日 13:15
■thorn-roseさま
 賢者だけ4人のパーティー組みました、3で。

>で、安心して遊べるのはドラクエですネ。
 正にそうですね。そういう意味で、「ゲーム嫌いに受けるゲーム」なんじゃないかと思います。
 僕、ゲーム嫌いなんですよ(笑)

>ただ映像がリアルになっただけ?
 僕はファミコンクオリティーが好きで、解像度が上がってゆくだけの進化って、結局想像力が貧困なんだと思ってます。
Posted by LSTY at 2005年05月31日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック