2005年05月31日

「デザイナー」に関する疑問

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) 学生の頃は「モデルです」と自称する女の子に多く出会ったような気がする。
 ブログ界では自己紹介欄に「デザイナー」と書いている人と多く出会うような気がする。
 あの人たちは、はたして本当にモデルであり、またデザイナーなのだろうか。
 それとも、デザイナーとは「無職」の別称だったりするのか?
 いや冗談は置いておいて、モデルなりデザイナーなり、どこからどこまでモデルでありデザイナーなのか、まったく想像できないのでよく分からないのであった。
この記事へのコメント
>デザイナーとは無職の別称だったりするのか?

くくくっ、コレは言える!
ホンモノじゃナイ人に限って言い切りますよね。
Posted by kakako at 2005年05月31日 11:37
実は、デザインの仕事をしております…。
が、自分の職業を名乗る時は「デザイナー」とは言えないですね。
広告制作業とか名乗ってしまいます。
なんか「デザイナー」と言い切ることに、こっぱずかしさがありますねぇ。
デザインの仕事って、言葉の響きからか、なんかオシャレで軽く見られますけど、その言葉と反して体力勝負で地味な仕事だったりするのですよ。
だから、内状を知ってる人は、なかなか言い切れないかもしれません。
Posted by yogichogi at 2005年05月31日 12:39
■kakakoさま
 いや、あんまり皮肉の気持ちはなかったんですが、、、そういえばブログ作者で、「オレは作家。読者が何人いる」って自称作家気取りの人がいるらしいです。

■yogichogiさま
 カタカナの職業って、かっこいいので「自称」が増えて、本当にやってる人は迷惑だったりするんだろうな、、、なんて思いますね。
 あ、俺も「サラリーマン」でカタカナ職業か(笑)
Posted by LSTY at 2005年06月01日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック