2007年05月17日

5/15-16日記(ジェノベーゼ・PDA・705NK)

Pop is dead.
Pop is dead.■5/15
・ラディッシュの葉で料理を作る。今まで葉を食べたことはないけれど、食べられるらしい。以前「きょうの料理」でケンタロウが紹介していた料理の、小松菜をラディッシュの葉に替えて作ってみる。うまい。というか牛肉ってうまいものですね。

・ラディッシュの葉には、えぐみと若干の苦みがありますがまずいものではないです。ただ、他の食用の葉と比べて硬く、さらに硬い毛というか棘があるので、少しだけ長目に茹でた方が良いと思います。

■5/16
・「きょうの料理」、今週はパスタ特集ということで、フムフムと思いながら見る。
・カルボナーラの作り方は、近頃流行りの脂っこいものではなく、好感が持てた。やはりカルボナーラはこういう、卵ご飯的なものがおいしい。
・ジェノベーゼ!市販のジェノベーゼソースというのは最悪である。自分でおいしいものが作れれば幸せだが、材料の手配等々、そう上手くはいかない。

・思い出してみれば僕がジェノベーゼを初めて食べたのは確かローマだ。何も知らずに「これをください」と言ったら出てきたのが緑のような茶色いようなスパゲッティー。おそるおそる食べてみると、食べたことのない味がする。いわゆる「バジリコのスパゲッティー」とも違う味。どんな味かと問われると「不思議な味」としか言えない。しかし、うまいかまずいかと問われれば「うまい」。しかし何の味かよく分からない。

・帰国して随分立ってから、どうもあれはジェノベーゼだと分かった。分かった後でイタリア産のジェノベーゼペースト(チューブ入りのもの)を2度、買って試してみた。
・しかしひどい。有機溶剤のような臭いがする。とてもではないが食べられた代物ではないと思って、それ以来市販のペーストは買っていない。
・そしてどういうわけだか、今まで僕はジェノベーゼを置いている日本のイタリア料理店に行ったことがない。
・しかし、バジルとチーズと松の実で、あの、ローマで食べたスパゲッティーの味が出るだろうか。どうも思い出してみた感じ、あのソースにはいかのわた、いや、帆立かさざえのわたに似た、海産物系の味わいがあったように思う。

・ワールドビジネスサテライトはたまに見るんだけど面白い。やはり日経はよく分かっているなあ、と思うことが多い。
・しかしPCとPDAの事を話していて、いまだにタテイスカンキーボードの話をするのは遅れている、と思う。
・以前、松永英明さんも携帯ユーザのニーズについて書いていたが、PCユーザが考える「理想の携帯」の姿と、携帯ユーザが求めている携帯の姿というのは、全く違うものなのだと思う。
・携帯ユーザが求めているのはQWERTYではなくて、PCユーザが求めているのはPDAではないだろう、と僕は漠然と考えている。
・僕自身は、NOKIAのN73(705NK)で満足しています。この程度の機能の方が「あきらめがつく」という点で良い。

・705NKで撮った写真を見ていて思ったのだけれど、このカメラは「光と陰のはざま」を撮る時にすごい力を発揮する。夜明け前、そして夜明けの直後に撮った写真が良い。おそらく青さ。気温が最低に達して、そこから上昇してゆくような雰囲気が、どういうわけだかすごく出る。
・逆に不得意なのは、人間じゃないのかなあ。エロっぽい写真を撮るのには向かないような気がする。青が強調される感じだから、人の肌の感じは、色調変えてみてもちょっと微妙。
・ブルーフィルムってか。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック