2007年06月20日

6/19日記(ピンク色の日記)

Pop is dead.
Pop is dead.・ピンク色の物を見たらなんでもいちごのクリームだと思うのはやめなさい。
・がんばりなさい!

・最近非常にゆるんだ生活をしている。今まで、家にいる空白の時間を埋めるために酒を飲んでいたけれど、最近はインターネットでエロサイトを巡回している。世の中には星の数ほどエロサイトがあるものだ。

・ネットをしていると酒の量は減るような気がする。
・しかし夜、食事を摂らないことが多くなってきた。

・エロサイトに関する雑感

・日本のエロサイトは未だに「Enter」ボタンの偽装なんかをやっている。稚拙だし進歩がないが、一定の効果があるのだろう。
・同じく日本のエロサイトは、独自コンテンツを持っていても、とにかく他サイトへのリンクを貼りまくっている。これはワンクリックいくらという世界なのだろうけれど、ネズミ講的というかバブルというか、ビジネスモデルとして美しくない。
・決済のシステムに関しては進化している感じ。一昔前までのような不安感はない。
・画像掲示板や出会い系などはPCではなく携帯ユーザをメインターゲットにしたものが多い。中には「PCからのアクセスが不能」な物もある。
・ブログに関しては、エロの世界での活用はほぼ無いと言っていい。エログと呼ばれる物はたくさんあるが、その方法論は旧来のエロサイトと同じであって、ブログならではの運営を行っているエログは非常に少ない。

・海外のエロサイトに関しては、主流はサムネイル羅列型のリンクリスト、という感じ。ただしこれは思わぬページに飛ばされることもあるので、Javaはオフにしておくこと。
・関係ないページに飛ばされるのは一定の確率によるのか、そこら辺は不明。ページによるが、あまりストレスは感じないレベルであって、そこら辺のチューニングは上手いなあ、と思う。
・一昔前までは海外サイト=無修正だったが、最近は着エロっぽいものも増えている。
・海外物の画像や動画には、画素数が少なかったり、色調がおかしい物が多い。画像のきめ細かさや彩度に気を遣うのは日本人くらいなのだろうか?

・そんな感じ。エログのコンサルティングなんかやったら儲かるのかなあ、とか思うけど、もともとブログっていうのはビジネス向きではないという感覚が僕にはある。ブログ単体で利益を出す、という感覚で運営すると失敗する、という思い込み。
・だからビデオメーカーがサブのwebサイトとしてブログを運営する、というようなのが僕の想定でのブログの活用方法。
・我ながら保守的。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック