2005年06月24日

ブログからSNSへ

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) 雑誌「WEDGE最新号の見出しに「ブログからSNSへ」というのがあったんです。吊り広告でそれを見て「すぐに『○○はもう終わり、これからは××だ!』とか書きたがるのは雑誌の悪い癖だ」と思ったわけです。

 で、僕にとってSNS、(僕の場合mixi)は絶対にブログの代わりにはならないのですよ。で、色々考えるに商業利用するにしてもSNSよりもブログの方が良いような気がするのですね。

 でも、今のブログの状況を見ていると、そのほとんどはSNS的に使われている、というか多くの管理者はそういう感覚でブログを運営しているのではないかと思います。ごく限られた人にしか見てもらいたくない、と思っているブログ管理者が意外と多いのではないかと思うのです。

 ブログ名によく「〜のつぶやき」って書いてあるのが良い例ですよ。呟きというのは独り言なわけで、第三者を想定していない。別に聴いてもらわなくて良い言葉なんですよ。呟きをweb上に公開するっていうのは「独り言を叫ぶ行為」なんですよ。みんなの耳に入る。で僕は「お前の言ってることはつまらない」と言う。叫んだ奴は言う「これは独り言だ。独り言に文句をつけるな」と。
 つまり、そういうブログを書いている当事者としては飽くまでも記事は独り言で、それに好意的に接してくれる人にしか読んで欲しくはないんですね。

 「だったらメーリングリスト作れよ馬鹿」と私のゴーストが囁くのですが、メーリングリスト(以下ML)は立ち上げもメンバー追加も面倒くさいんですね。SNSはMLを簡単にし、かつ適度な開放感を付加したような物ですから、そういう人にはうってつけなのでしょう。
 さらに「糞ブログに腹を立てている」読者にとっても、オープンなスペースから、チラシの裏に書いていれば良いような、つまらないブログが消えてゆくのは好ましいことです。

 ここで、自分のブログに目を転じてみるとですね、じゃあこれでいいのかよ?とも思えてくるのです。ブログを書き始めて1年少し。ずいぶんと固定読者の方が増えてきています。とてもありがたいことなのですが、固定読者が増えると新規読者が参加しにくい、という弊害があるのですね。
 コメント欄に常連の方が何か書いてくれると、私もそれなりにフレンドリーに対応します。そうすると新規読者の人はどうしても書きにくいですよ。特に反対意見なんかは。反対意見は捨てハンで、という傾向は強くなってきたような気がする。
 僕が巡回先を増やすのは主にコメントとアクセス解析だったりするので、広がりが少なくなってゆきますね。
 だから、たまには意識して新規巡回先を増やさないと、閉塞感は高まるばかりで、公開はしてるけど、結局は「内輪の馴れ合い」なんて事にもなりかねない。

 だからなんていうかね、建設的な反対意見は歓迎します。捨てハンじゃないね。
この記事へのコメント
LSTYさん

よーし、がんばって反対するぞぅ。 反対反対!とにかく反対!!

>ブログ名によく「〜のつぶやき」って書いてあるのが良い例ですよ。

面白いつぶやきも、たまーにあります。

つまんない独り言を云ってるにも関わらず、アクセス少ないとかコメント付かないとかブログ・ランキングに参加してますクリックしてね♪とか書いてあったり、トラックバックありがとうございますコメントが並んでたりするのを見ると、「早くSNSへ行けばいいに。」と思ってしまいます。 ああ、だから誘われないのか。

LSTYさんが彼らに勧誘メールを送って差し上げれば問題解決ですかね?

反論は以上です。(笑) でわでわ。
Posted by TAKO@ぽんす at 2005年06月24日 20:44
■TAKOさま
 面白い呟きもありますね、たまにですけどね。私もブックマークしてますから(笑)

>トラックバックありがとうございますコメントが並んでたりするのを見ると

 なんの意見交換もしてない=自分の成長になんの寄与もしてないのに、なんであーゆーブログの人って「ありがとうございます」を応酬できるのか不思議です。

 1日に何人の人に「ありがとう」コメントを入れるかでランキングが決まる「ありがとうSNS」なんていうのを作ったら、案外流行るかも知れないですよ。
Posted by LSTY at 2005年06月27日 10:00
LSTYさん

>なんであーゆーブログの人って「ありがとうございます」を応酬できるのか不思議です。

世の中はすべて、「ありがとう。」しかないんだよなぁ。 と、しごく真っ当なコトを恥ずかし気なく言ってみる。

http://blog.livedoor.jp/sod/archives/23561132.html

いや、ココ↑を読んでて思ったのです。 約700件ものコメント(多すぎ)は見てませんけど。

感謝することは悪いことではありません。 むしろ、良いことです。 しかし問題は、トラバ受信そのものは感謝の対象にならないハズなのに、何故かトラバをありがたがっているブログ管理人の多さです。

まあ、誰が何をどう感謝するかは自由ですけれど。 それにしても、「ありがとう。」を安売りしすぎだろ?と思いますね。 でわでわ。
Posted by TAKO@ぽんす at 2005年06月28日 02:09
■TAKOさま
 潤滑油としての「ありがとう」と、本当の「ありがとう」をちゃんと使い分けるのが大人なんでしょうねえ。
 やはり私はまだまだ子供だ。
Posted by LSTY at 2005年07月04日 14:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

mixiとブログの比較論
Excerpt: あんまりまとまっていないのだが。 タイトルは飽くまで途中経過であって、実のところ最終的なテーマはトラックバックについてなんである。というか、このタイトルだったらもうちょっと深く考えるべきだったかも知..
Weblog: 不倒城
Tracked: 2005-06-28 11:21