2019年05月17日

MAZDAの「安全性を犠牲にしたエコ機能」に怒るの巻

Pop is dead.
Pop is dead.・MAZDA・ロードスターはスポーツカーである。そもそも、スポーツカーに「エコ」という概念は、基本的に必要ないと思う。
・ただ、世間の流れとしてエコ機能的なものが追加される、それはまあ良しとしましょう。
・しかしですね「走りを犠牲にするエコ機能」は、少なくともスポーツカーにのせてはいけない物だと思うのです。ましてや「車の運転を危険にするようなエコ機能」など、もってのほかだ!

・というのも、MAZDAのアイドリングストップがあまりにアホなので私は呆れているのですよ。

・いや、アイドリングストップ、まあ良いじゃないですか。コンビニの駐車場なんかでエンジンかけっぱなしでいる車とかバカだと思ってるので、停まってる時にエンジン切るの、いいんじゃないですか。

・しかしね「右にウィンカー出してる時にエンジン切る」のとか、アホか、どんなバカが設計したんだ、これ!となるわけですよ。
・つまり交差点で右折しようとしてる。信号は青だけど、対向車線に直進車がいるので停まってる。対向車の切れ目があったら、パッと右に曲がりたいわけです。
・それが、エンジン停まってたら1秒くらいロスするんですよ。これ、1秒って対向車が時速40kmで走ってたとして11m(※)ですよ。これだけロスするのって、けっこう危ないだろ、と思うんですよ。
※40,000m÷60min÷60sec≒11m

右にウィンカー出して停まってるっていうのは「ブレーキから足を離したらすぐに動きたい」場合が多いわけだから、その時にはエンジン止めないとか、その程度の設定もできないのか、アホか、と思う。

・あと、アイドリングストップするとエアコンが止まるんだよ。これも困る、というか危ない。
・車内の温度に関しては我慢するとして、雨の日なんかエアコンが止まると窓が曇ることがあるんです。これ危ないんだよ、非常に、本当に。

・で、頭悪いなあと思うのが、一方で「雨が降ってたら自動でワイパーを動かす機能」ってのを持ってるんですよ。だったら「降雨状況を判断して、ワイパーを動かしている時にはアイドリングストップ機能をキャンセルする(乃至はエアコンを止めない)」という判断をひとつかませなさいよ、と思う。

・そういうわけで、アイドリングストップ機能は随時切って使ってる。これ、デフォルトでオフにする方法ないのかな。ちょっと調べてみる。
・いや最近の車っていろんな機能があってすごいなあ、と思ってたんだけど、しかし乗ってみるとこういうマヌケなことも結構あって「もうちょっと真面目に考えてくれよ」と思いますね。
posted by LSTY | Comment(0) | | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]