2019年05月28日

読みやすい文章が社会を悪くする要因について思ったこと

Pop is dead.
Pop is dead.・最近、結構意外だったのがこの炎上騒ぎ。
・なんだか、叩かれるべきじゃない言葉が叩かれてるなあ、というかお前ら、本当の敵は違うだろ、攻撃すべき相手を完全に間違ってるよ、と思った。

はてなブックマーク - ROOTSY on Twitter: 読みやすい文章を書きましょう、みたいなことで金をもらっていたが、社会を悪くしたかもしれない、と思うときがある。少なくともアメリカでは読みやすい文章=バカの食べ物であり、インテリの食べ物たるためにわざわざ読み下しづらい修辞を用いるのが儀礼で、それを読みこなせるのがインテリの定義だ。
元tweet

・いや、実は私も「カンタン真理教信者」側の人間で、物事を説明するときには出来るだけ簡潔な言葉にせよ、と考えている人なので、例えばこの人(@Rootsyさん)の下記のようなtweetには完全には同意できなかったり。
「難しいことをわかりやすい言葉で説明できるのが本当に頭が良い人」みたいな言説は完全にポピュラリティを得たけど、おおよそ一面的で浅はかな考えと言わざるを得ない。難しいことは難しいから難しいのであって笑、難しいことを難しいまま受け止められるのが知性ということ。
・これはちょっと違うんじゃないのかなあ、突き放しすぎの感がある。難しいことをほどいてゆくと、やっぱりある程度は簡単になるんじゃないの?ほどけるとこまでは、ほどきましょうよ一応、という気がする。

・しかし冒頭に書いたように、かなり高い割合の人が(しかも、はてなブックマークやってるような人が)前出の彼の意見に反対だってのはちょっと意外だった。
・で、彼はトランプ政権のことを書いてるんだけど、僕はちょっと違う方向からですね「読みやすい文章」の蔓延が「社会を悪くする」要因について思ったのでメモ

一言で言うと「古典が読めなくなる」んです。
・それで終わりなんだけど。

・例えば夏目漱石の小説なんていうのも、一見すると平易なようでいて、作品によっては非常に難解だったりする。僕には中学生か高校生の頃、非常に苦労して「倫敦塔」を読んだ記憶がある。ざっと文章だけ見ると分かりやすいけど、ちゃんと意味を理解しようとすると大変に難しい。「草枕」なんかも、訳が分からないので挫折した。読みやすいけど読み解きにくいというか理解しにくい(つーか文学って元々そういうものだとも思うけど)

・そしてマルクスの「資本主義」だ。悪文の代表みたいに言われている本。この人は若い頃ヘタな詩人だったそうで修辞・比喩が多く、複雑で読解の難しい良著を残している。
・そして「資本論」等々の古典を読み解くためにはいくつかの論文を参照する必要があり、またこの論文ってのもねえ。だいたい読みにくいものですよ。普通の人はあんまり読むもんじゃないから、ここはあんまり気にしなくても良いのかもしれないけど。

・日頃から「読みやすい文章」に慣れ親しみすぎていると、こういう、読みにくく、しかし内容の優れた古典文学・古典の名著(あるいはそれらに関する論文)が読めなくなる可能性が高い。
・だから現代でもある一定以上のクラスの新聞や雑誌において「読みやすい文章」が忌避されるのであれば、それは単なる選民意識だけによるものでもなく「読む力を付けなければ、将来的に我々は歴史的な積み重ねを失う」という危機感にも依拠するのではないか?ということをちょっと思った。

・で、あーそういうことなの?と感じたのが下記コメント
rgfx インテリという単語一つでここまで沸騰(後略)
・えー!インテリ(インテリゲンチャ)ってのはさあ、共産主義においては労働者階級よりの存在なんじゃないの?どうも「インテリ=高所得者」みたいに単純に連想して「俺らの敵だ!」とただ反応してるだけの人が多いように見えた。最初に書いた通り、お前の敵は彼じゃないよ、と。

・トランプの話に関連して、僕自身の政治に関する経験で言うと、90年代までは政治家の使ってる言葉って我々大衆には理解できなかったように思う。政治家の言っている言葉が「理解できる言葉」になったのは小泉政権以降だ。あそこ、つまり「郵政選挙」が、日本の民主主義が道を踏み外したポイントだと思う。
・あの選挙で僕は自民党に投票した。これについては非常に悔やんでいる。
・ま、今の日本を見てると「民主主義社会が、当の民衆によってぶっ壊されてゆく(※)」という歴史的な出来事に直面してる、という興奮は若干感じるけど、面白がってる場合じゃない。

※正確には、民主主義というシステム自体は壊れず正常に機能し続け、それによって社会がぶっ壊されてゆくのだ。
posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]