2019年08月23日

経過記録(8/中旬まで)自作カレーと「ツレがうつになりまして」 ※多少追記

Pop is dead.
・相変わらず吐き気がひどい。水を飲んでも吐くのでどうしようもない。
・通院してその旨を告げ、胃腸への影響が少ない薬に変更してもらう。吐き気止め(ナウゼリン10mg)も処方してもらう。

・吐き気の主因としては飲酒もあろうと考え、早くても16時から飲酒開始することにする。しかし私は依存症なので最悪午前中から飲んでしまう。これではよくない、と思う。

・睡眠剤が効かないようなので、医者で薬の構成を多少変えてもらう。これが効果抜群で、例えば夜の12時に薬を飲んで就寝すると起きるのが15時など。最も遅い起床時間が18時だったか、18時睡眠、すごいな。
・こうなると物理的に「午前中から飲む」なんてことは不可能になるのでよろしい。飲酒開始時間は19時と決める。
・あと、なんらかのつまみを食べながら飲むことにする。通は塩があれば飲めるとかいうが、私なんぞは汚い話だが自分の肌に着いた塩っ気でも飲めるし、当然つまみなぞなくてもいくらだって飲めるのだが、健康のために悪かろうと、なんらかのつまみを用意する。

・夕食は嫁と食べるためにできるだけ何かを作ろうとするが「何かしなければいけない」という気持ちがあると体調がひどく悪くなる(具体的には吐き気)ので、調子のすぐれない時にはコンビニで何か買ってくる。
・スーパーマーケットの入り口の前に立つだけで吐き気が止まらなくなったりする。もちろん、ひどいときにはコンビニにも行けない。
・こういう主夫生活してる時くらい、うまいもの食べさせてあげたいんだけど、嫁よ、ごめん。

・嫁から「一週間に一度はカレーを作れ」と指令が出たのでそうする。
・レシピはここに書いてあるほぼそのまま(油を太白にするのと、バターを多めにするくらい)
インド人なら100円ショップのスパイスでも本格インドカレーは作れるのか?本場の味を知るインド人が挑戦!
・最初はラムが手に入ったのでラムミントカレー、二度目はキーマにしてみた(キーマは塩入れ過ぎた!)
・こんな簡単なレシピで、そこそこうまいカレーが作れちゃうのですね。
・あと、付け合わせに万願寺唐辛子。これは万願寺にコーレーグースを混ぜただけのような物(コーレーグースというのは沖縄の唐辛子泡盛漬けみたいなやつね。うちでは正確には信州・八幡屋磯五郎が出しているものを使用)これが好評。材料がなければピーマンでもよかろう・
※8/24:追記、子母澤寛記「ボースさんのカレー」を、手羽元を使って作ってみたがあまりうまくゆかない。工夫してみたいが。

・8/16より右腹部が激しく痛む。飲酒過多で肝臓が膨張しているという自覚はあるが、このように痛むのは初めてである。死を考える。嫁が休日医療の病院を探してくれて受診すると、なんとバババカしい、打撲でした。お騒がせしました。
・しかし実際、抗鬱剤を飲んでいるとまっすぐ歩くことが困難になり、家の中でもよく倒れる。倒れるのは飲酒時が大半だが、後々、倒れたことすら覚えていなかったりする。なので、今回のようなことにもなる。
・なので、19時から飲酒開始、遅くとも24時には寝たいものだ。

・映画「ツレがうつになりまして」見る。よくまあ冒頭にマーラーの5番なんて恥ずかしげもなく使えるな、という気がする。ひどく悪い言い方をすると「厚顔無恥」である。
・悪い映画とは言わないが、正直表層的だと思うし鬱に関する啓蒙映画としては中途半端過ぎて他人に薦める気はない。あの程度の鬱に関する知識は、高等教育を受けていればだいたい認識している程度のものであろう。わざわざ映画にするような大層な内容ではない。
・吹越満が良い感じの役で出てるので、あの人を活かせばもっとリアルで、グロテスクで、ためになる映画になったと思う。そういう意味で、この映画は「汚いところから目をそらした映画」だと感じた。
・堺雅人はうまいけどね。あと宮崎あおいの役どころ酷すぎ。うちの嫁はあの5億倍は優しいぞ。

・あと、風呂場のタオルで首吊り自殺を遂行することは、恐らくかなり困難である。タオルではおそらく首をくくるには短すぎるし、通常の(介護用ではない)風呂場の手すりは多分体重には耐えられないだろう。
・ここもリアリティ不足。本当に死のうと思っていたら、適度な長さの縄を用意し、ぶら下がっても大丈夫な梁(はり)や手すりなりをあらかじめ探しておくものだ。

【現在の生活】
・朝は嫁に頼んで、とにかくたたッ起こしてもらい、ごく軽い朝食を食べてまた寝る。起きると15時頃なんで、ここで食事というわけでもなかろうってんで19時まで時間を潰す。嫁が帰ってきたら食事。だから昼ぁ食べないんすね。一日二食。ニショクのワラジってんで、テヘッ(三遊亭圓生風)
・起きた後、調子が良ければ買い物に行ったり所用を済ませる。調子が悪ければAmazonプライムかYouTubeをひたすら見て19時を待つ。
・思いがけず「ガールズパンツァー」がお気に入り。戦車に萌要素など不要だが、しかし戦車が走っている画を見るのは非常に楽しい。

・現在は吐き気もなく、おおむね良好。ただ、こういう時に変に盛り上がったりするとあとまたおかしくなるので平常心を保とう。

posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]