2019年12月13日

12/5-12/12記

Pop is dead.
■12/12
 昨夜は結局午前4時ごろまで起きていたようだ。よくない。12時過ぎに目覚める。
 何もする気が起きないが、不動産会社へ賃料の前払いに赴く。物件は1月頃から空きが出始めるとの事。現住居の間取り図をもらい、関東の方へ話を通してもらうよう頼む(結局ネットで調べることになりそうだが、ポイントがたまっているので12万円程、家賃の割引があるようだ。それはありがたい)
 帰宅後、事業用Twitterのメンテナンスなど。300フォロワー超。100人に一人が常連になってくれるとして3人か。職場を離れてから、まずはPRに本腰を入れたい。
 クラウドファンディングも視野に入れたいが、失業保険受給中のクラウドファンディング実施は違法になるのか?しかし失業保険受給月数が5カ月として5〜9月。10月以降であれば問題ないわけか。
 リターンとしてはおなじみの「〇か月のタダ券」から「指定のシンセサイザー一日占有権」、「店貸し出し権(夜営業・定休日。機材は全て使用可。ただし飲食物の提供はこちらで管理し、その売上もこちらに入る)」などが考えられる。
 複数の人間・機材で合同で音楽を楽しみたいというニーズもあり、その方法についても考えるが、一方でシンセに興味のない客や、周囲の店等に迷惑をかけたくないという思いがあるので、一定以上の(BGMと感じられる以上の)音量の音を出す、という事は避けたい。FMトランスミッタで音を飛ばして、各自にラジオ(MP3プレイヤにラジオが組み込まれているものが3,000円程度で入手可能)を貸与する形にしてはどうかと思う。イヤフォンも3,000円程度として、DJイベントも視野に入れると最低でも20名分×6,000円=120,000円。この金額はは馬鹿にならないが。

■12/6〜12/11まで特に記録なし。
 起床時間は11〜12時。就寝時間は22〜0時といったところか。多少は改善していると思う。
 外科への通院(消毒+絆創膏交換だけで390円!)や、銀行口座新規開設、現有口座の整理、またヤフオクでの取引等(ヤフオクはもうこれで完全に打ち止めかと思う)
 その他、店を開業するには必須と考えていたYAMAHAのVA音源、FM音源を購入(FM音源はラックマウントタイプしか持っていなかったので、買い足しになる)
 さらにこれも必須と思っていたKORGのMS-20miniを購入。これで所有する音源の数は20台となった。もう少し増えるだろうが、なんとか格好がつく程度の品ぞろえになった気がする。
 12/11はカレー製作。いつもと違うスパイスを配合してみる。完成後、一服したところでB氏から呼び出しの電話。急ぎトッピングにと考えている「こってりソース」を作り、カレーとともに持参、21時過ぎより某バーに飲む。B氏より飲食業界の厳しさについて諭される。ただ、私の事業は業態が業態だけにどうなるのか全く分からない、というのが本音のところ。色々教えていただいた上、御馳走していただいた。ありがたい。鬱だということで、結構気に掛けて頂いているようだ。僕は、多分自殺はしないと思います。奥さんがいる限りは幸せだから。まあ、突発的に希死念慮が強く表れて死ぬ可能性も、ゼロとは言えないけど。
 そういえばAmazonプライムで映画「葛城事件」を見た。総合して大した作品ではなかったが、三浦友和が自宅の庭の木で首をくくろうとして失敗し、そのあと平然と自宅の居間に戻ってコンビニのとろろそばを食べるシーンなんかは良かった。
 その某バーの内装費用等も参考に教えてもらう。そういう関係の友人・知人がいるのは大変ありがたい。

■12/5
 11:30ごろ起きる。歯磨き、水、マンゴープリン、風呂、冷水
 不動産会社へ退去時の賃料先行納付の件、および給湯機器異常について連絡
 A銀行へ、個人名義、個人事業主名義の口座開設について問い合わせ。同行では一人二口座まで持てるとのことで問題なし。
 段ボールを捨てに。この時ばかりは、ロードスターのラゲッジスペースの狭さに呆れる。110サイズの段ボールがギリギリ入らない絶妙な狭さ!
 コンビニにてコールスロー、スーパーにて青紫蘇一束買う。
 少し久しぶりにツイキャス配信する。
 計量カップ、三脚など届く。三脚やっと買った。これで動画配信がどれだけ楽になることか。
 夕刻、ガス業者来る。エラーコードを見る限り基板交換だけかと思ったら給湯機ごと取り替えるとの事で、大変なことになってしまった。
 そんなわけで、作業の終了を待ち、19時過ぎから飲酒。食事もすべて終わり、睡眠薬も飲むが午前1時を過ぎても眠れず。
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]