2020年03月16日

facebookのセクシャリティ表明欄、ちょっと不寛容過ぎないか?

Pop is dead.
 御存知の方はご存知でしょうし、御存知ない方はご存じないでしょうが、私、本名でfacebookをやっております(本名を御存知ならすぐに見つかるはずです)
 で、数年前に「みんな上っ面の事ばっかり書きやがって!ちっとも面白くねえじゃねえか!ブログと匿名SNSでしか、本音のコミュニケーションは取れないよ!」と感じてアカウントを凍結しました。
(敢えて削除せずに凍結したのは、なりすましに悪用される懸念があったから)

 しかし去年になって、考え方がコペルニクス的転回を遂げまして「もうWebはダメだ!リアルだリアル!」と考えるようになりました。
 具体的な理由はこちらの記事に書いています→僕の鬱の要因とインターネット

 そんなこんなで、7年ぶりくらいにfacebookを解凍したわけですよ。
 で、以前も感じていた不満に改めて気付いたので、ここに書いておきます。

 で、あのさー、facebookの「基本データ」欄に何にも書いてない奴ってなんなの?同姓同名の人と比べる時にどうせいっちゅうんじゃ!(駄洒落です)本人と同定できないfacebookページって存在意義、ほとんどなくないか?と感じるのです。
 せめて学歴と職歴ぐらい書こうよ、特段隠したい理由がなければ。
 僕は律儀な方なので、敢えて隠しておきたい(リアル知人や同僚に見られると不都合な)情報以外はほぼ全てオープンにしているのです。信仰や政治観という、普通の人はあまり公開しない情報も含めて。

 しかし一か所だけ「これ、どうしても埋められないなあ」という欄があって、これにはホトホト困り果てているというか、facebookのテンプレート設計ミスとしか思えない。

 それが「恋愛対象」の欄です。

 これはチェックボックスになっていて「男性」か「女性」あるいは「その両方」を選ぶことが出来る。

 逆の言い方をすると「セクシャリティに関して、3つの選択肢しか提示していない」という、これはあまりに不寛容ではないか?
 人の性的嗜好や恋愛対象って、3種類に分けられる程、単純なものではないでしょう。

 今ここに、僕の性的嗜好と恋愛対象について書ける範囲で書いておくと、

1.基本的にはヘテロセクシャルで、女性と既婚

2.ゲイに対する嫌悪感は一切ないが、経験上からも「男と恋愛する」という事は想像できない。

3.ただし男でも、女装をしていて、その姿が美麗であれば(つまり普通の女の子よりずっと可愛いければ)恋愛対象になりうる。
 ※例えば歌舞伎役者(女方)の中村米吉なんかはその典型

4.しかし3.に該当する場合でも、それは「ある意味、実在しない架空の女性」に対する恋愛感情であり、つまりアニメのヒロインに恋をするようなものだ。化粧を落とせば男に戻るので、その時点で2.に書いた通り「恋愛対象」から外れると予想される。
 ※これは経験がないので分からないけれど、少なくとも恋愛関係に陥って一緒に暮らす、みたいなことは想像できない。

5.美少年趣味があり、保育園から小学校低学年くらいまでの男の子を「可愛いなあ」と惚れ惚れとして眺めることはよくある。しかしペドフィリア(小児性愛者)ではないので、性的対象としてではなく、単純に「小さく美しいものを愛でる」という感覚であり、当然のことながら恋愛対象ではない。

 5.は蛇足だけど、1.〜4.までをまとめた場合、私は facebook の恋愛対象欄において「女性」だけにチェックを入れるべきなのか、あるいは「女性・男性」の両方にチェックを入れるべきなのか、ずっと判断がつかず、ここだけは埋めていない。

 そうすると人はこう言うだろう「だったら、セクシャリティの表明については空欄で良いじゃん」と。

 いやいや、確かにね、明示しなきゃいいんですよ。でもですね、僕の場合、先述した通りテンプレートの中「恋愛対象」以外の欄は、普通の人ならあえて表明しない事(宗教・政治について)までビシッと埋めてるん。そこで「恋愛対象」だけ空欄なのは明らかに不自然でしょう。
 「あの人、あそこの欄だけ隠してるけど、実はゲイなのかも?」とか要らぬ勘繰りをされそうなのが嫌なんだよね。まあ個人的にはゲイ( or バイセクシャル)だと思われてても良いけど、なんかそれだと奥さんに悪い気がしてねえ。
 「あの人の旦那、実はゲイみたいよ」なんて陰口叩かれたりしてたら気の毒なんですよ(ちなみに奥さんは、僕が米吉のファンだと知っているので3.までは理解していると思う)

 だから「恋愛対象」の項についてはチェックボックスだけじゃなくて、自由記述欄を設けて欲しいわけですよ。

 人間のセクシャリティなんて多種多様なんだから、たった三つに区分できると考えるのは了見が狭いというものです。つまり、facebook はこと Sexual Preference (性的嗜好)に関して極めて鈍感で、結果として非常に Intolerance (不寛容)なテンプレートになっているのではないか?という話でした。

 以上


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]