2020年03月27日

罪深い夫が、妻を思い涙する歌たち

Pop is dead.
 僕はいまのところ「まあまあ良い夫」っぽい僕として生きてる。
 でもそうじゃないんだよ、本当は。罪を犯し続けている。これはまさに「言わなくていいこと」なんだけど。
 僕は僕の罪を認識している。だから、たまに奥さんに申し訳なくなって涙を流すことだってある。
 特に「この歌を聴くと、奥さんの愛情と、自分の罪の意識が高まって涙腺が刺激される」という曲があるので、紹介

■クラムボン「コントラスト」


■ハナレグミ「おあいこ」


■ピチカートV「悲しい歌」


 最近おしえてもらったこの曲も、身につまされる。

■カネコアヤノ「明け方」
 ( YouTube にオーソライズされた動画がなかったので御免なさい )
 明け方 - カネコアヤノ
[iTunes]明け方 - カネコアヤノ


 罪を犯しながらも、私は奥さんの事を愛している。ただ、それによって免罪されるとは思っていない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]