2020年06月14日

6/13-14日記

Pop is dead.
■6/13
 朝、一旦起床するが眠く、結局昼まで寝る。

 雨。湿度が高い。廉価な除湿器を買ってみるが、効果があるのかないのか、よく分からない。

 あと最近気になるのが機材の発熱。上記の除湿器も、ACアダプタの熱がすごい。またヒートシンク買うかなあ。高いものではないんだけど、なーんか無駄遣いっぽく思えてしまうんだよなあ。

 夜は、無職無収入なのにお祝いのパーティー!ただし@サイゼリヤ
 前菜、パスタ、メイン、デザート、さらにスパークリングワイン1本で4,000円未満!すげー!
 さらにそのスパークリングが、決して不味くはないってのもすごい。

■6/14
 町内の会合に参加後、上石神井より高田馬場、日本橋経由で田原町へ。「はなし塚」の場所を確認

 駒形どじょうにて二鍋(フタナベ、という数え方で合っているのか?)とビール。COVID-19の影響で、この店のシステムも変わった。特に下足札がなくなったのは、已むを得ないとしても、どうも情緒に欠けて残念である。
 奥さんに「まだ全然食べられるでしょ?」と確認しGOサインが出たので並木藪へ(つーかこの時点で昨日のサイゼリヤよりお金使ってる!)

 さすがに休日なのでそこそこの混み具合(しかし、待ち時間があるかないかのギリギリ位)

 一応お腹に底が入っているので、焼海苔800円也でお酒。まあ、もう二度と頼まないだろうけどね、蕎麦屋で出てくる焼海苔の本格はこういうものだ、という確認のために頼んだ。海苔だよ、ただの。それがあのように儀式めいた箱におさめられて出てくるというのは、もうほとんど貴族趣味みたいなものじゃないかと思う。

 お酒については、ひやで頼むとガラスの器が出されるのがちょっと嫌かな。ま、これは好き好きの問題。お酒に関して、最近見かけず、妙に懐かしく、それ以上に美しいと思うのが「縦にまっすぐクープ(切れ目というか削ぎ跡)の入った白くスマートお銚子」どこかの蕎麦屋で見て「これは美しい」と感じ入ったものだが、最近見ない。ということは、池之端の藪だったのか知らん。

 浅草からいったん上野に戻って、日比谷線で南千住。奥さん御所望の「バッハ」という喫茶店でコーヒーを飲むが、特にどうということなし。少なくとも新橋「ランブル(ル・アンブル)」で初めてうまいコーヒーを飲んだ時の様な感動はなかった。
 二人で三ノ輪駅まで歩く。あ、ここは女性一人で歩いてはいけない場所だな、と思う。道は平坦で退屈だが、魅力的な建物がいくつかある。

 日比谷線で東銀座へ。歌舞伎座上の売店を確認。ここではいつも「先月公演の舞台写真」が売られているのだが、やはり公演自体が中止になっているので写真の販売もない模様。ま、当然だけど一応確認に来たかったのだ。

 茅場町・高田馬場経由で帰宅
posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]