2020年07月06日

7/6日記 ( I'm ashamed that I'm fuckin' Yamato Race ( Japanese Damned Race ) .

Pop is dead.
■7/6(「7/6日記」なのだから、当然である)
・10時前起床。朝食は抜きにして、昼にオーケーの鯖弁当を食べるが、以前と内容構成が変わっている!鶏の唐揚、ちくわの磯辺揚げがなくなって、ひろうすなんかが入ってる。コストダウンか?米飯の量も減った気がする。

・新聞を読んで畳の上でうつらうつらとし乍ら無為に時間を過ごす。

・午後より西荻窪へ。月例の精神科通院。健康状態には何も問題ないが、朝自然に起きられなくなっている旨をドクターに伝える。若干の減薬

・昨日、iPhoneを修理したので、その修理額の還元についてSoftbankに問い合わせに行く。修理後10日前後でSoftbankから通知が来る由
・以前はAppleとキャリアの連携が取れておらず、別途申請しなければ修理額の返戻がないという「役所みてーな仕組み」だったが、改善されたようだ。

・荻窪へ移動。今週末、母が家に来るらしいのでスリッパを購入せよという配偶者の指示に従い、MUJIにて購入。780円。私自身はほぼ年中 裸足なので、妙に高く感じるが詮方なし。
・店内をフラフラしているとシューツリーが2,000円程度で売られていた。少し迷ったが購入

・奥さんを駅まで呼びつけて「カッパ」へ。先日も来たのだが、その時は奥さんが仕事で来られず。
・17時荻窪駅集合で、意外なことに奥さんがパンクチュアルに登場(我が家における喧嘩の大半は、時間に細かい私と、時間におおらかな奥さんとの衝突によるものである)
・いろいろ食べたが、やはりこの店はレバだな。本当によく分かっている。火を通し過ぎるとレバーは不味くなる(※)この店の火の通し方は絶妙
・というか、田舎に住んでいると、こういうモツ焼きや焼鳥の文化がないので、チェーンの大黒屋だっけ?あんなところで食べるしかない。名古屋にも有名な店があるが、有名なだけで、何もうまくない。

・「寿司、蕎麦、天ぷら」と言うが「串焼き」も、東京にいなければ堪能しがたい味覚だろう。しかも前述の4品目、寿司を除けば極めて低廉な価格で楽しめる。何度も書くが、田舎にある中途半端な店のカウンター天ぷらよりも、てんやの方がうまい。蕎麦は1枚800円が上限だろう。
・寿司については「低廉な価格」となると少し難しいが、6,000円お任せで、ある程度まともな寿司を「食えない程大量に」出す店がある。この店には多々不満を持つものの、価格と物量においては他を圧倒している。
・東京駅からほど近い場所に二店舗ある「まんてん鮨」だが、東京観光のついでに寄ってみるのも良かろうと思う。

※だから僕は、子供の頃レバーが嫌いだった。フォアグラのパテか何かを「これは鴨のレバーだ」と言って食べさせられてから、ようやく食べられるようになったんじゃなかったっけ?いや、フォアグラではなく普通の豚レバーのパテだったろうか。

・奥さんが行きたいというので駅ビルのユニクロへ。東京喰種のTシャツを買ってもらう。

・バスで帰宅。あとは飲んで寝るだけ。

・都知事選において某極右候補者に18万票も入ったことは、日本沈没への予言だと感じる。そういう人間が今後も多くなるようであれば、沖縄は独立させ、アイヌに関しても何らかの保護策を設けた上で、早めに鎖国すべきだ。大和民族は大和民族だけで、少子高齢化で死に絶えればいい。
・ああいった思想が大和民族の中で一般的になるとすれば「ナチに騙された」に類する言い訳は通じなくなる。

・私は今、大和民族であることを恥じ入っている。斯様に不寛容で排他的な民族は、なかなか居ないのではないか。特に現代の先進国では。
・その表裏として「朝鮮人を殺せ」といったヘイトスピーチは、勘違いも甚だしい、異民族との歴史的な関係を理解しない、反教養主義者によるものだ。
・皇室における儀式の一部が、朝鮮と深くかかわっていることを知らないのか?知ってい乍ら、無視するのか?

・とにかく、私としてはここまで醜い民族であれば滅びて結構、と思う。先進国で、多くの人が高等教育を受けながらこんな状態なら、日本人ってのは地球において必要とはされてない。

・恥を知れ。日本人の美しさを、知ろうと努力しろ。隣国を罵ることで、自国の価値を高める、みたいな「貧乏臭い」ことは、今後一切やめろ。

・長くなるのでこの辺で。日本人≒レイシストですよ。僕自身も、自分がレイシストだという自覚を持っている。もしも貴方がその自覚を持っていなければ、貴方は結構ひどい差別主義者かも知れませんよ。
posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]