2005年08月08日

新党結成or民主党に組み入れ?

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) 郵政民営化法案が参議院で否決されたらしいので、衆議院は解散、総選挙ということになるんですね。
 しかし、私が分からないのは、同法案に反対している自民党議員の考えだ。
 選挙で勝てると思っているのだろうか?

 郵政を民営化させたくない、と思っている国民が、野党議員+造反自民党議員を当選させるだけいるのだろうか?

 僕は、僕の常識で考えれば、選挙で自民党が圧勝するんじゃないかと思うわけです。
 民主党の反対は「反対のための反対」にしか見えない。民主党にイメージ戦略以外の何があるというのだろうか?
 自民党の造反議員は、それなりに英雄視されるんだろうけれど、やはり自民党という母体を失ったからには苦戦を強いられるだろう。

 そんなリスクを冒してまで、法案に反対した自民党議員の真意やいかに?

 たぶん、そこにリスクがないんだろうな、と思う。あるいは、そのリスクが最低限になったからこそ、今回参議院でこの法案が否決されたんだろう、と思うわけです。
 造反した自民党議員は、今回の選挙で自民党の公認は得られないでしょう。それに代わるだけの何かがあるはずだ。単純に自民党からクビにされるんでは、造反なんかできないはずだ。欠席ですますはずだ、と思うのです。

 これは下衆の勘ぐりでありますが、自民党をクビになった議員とどっかの党が、新党を結成するんじゃないか、とも思うのです。民主党にそのまま組み入れられる、というのもアリのような気がしますが、それだとあんまり見え見えなんで。

 あるいは、公務員が結成する労組なんかと裏で取引をして、造反議員の票がある程度「読める」状況になったのかもしれない。

 以上、政治のこととか全く分からない私の意見ですが、何にせよ、僕は普通に考えて自民党勝だろう、と思ってるので、そこで敢えて解散に持ってゆこうとする人たちには、なんかあるだろ、と思ってしまうのです。

 でも否決した参議院の自民党員は、自分の事じゃないからあんまり真剣に考えてなかったりして。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック