2005年08月18日

庵野秀明「キューティーハニー」レビュー

Pop is dead.

・映画「キューティーハニー」見る。庵野映画ってあまり好きじゃないんですが、、、(エヴァの劇場版、好きじゃないです、小細工が目立って)
・案に相違して素晴らしい。「アニメ的な物」を実写で再現した素晴らしい作品です。
・レビューとしては「バカっぽさが面白い」的な物が多かったけど、アニメならではの荒唐無稽さをここまでのレベルで表現するのは、結構大変なことだったのではないかと思う。
・だって今まで、こういうのってVシネかコスプレAVでしかやってなかったからね。
・合成をどこまで合成っぽく見せるか、あるいは実写っぽく見せるか。そういうバランスがかなり絶妙。

・難を言えば、キューティーハニーの肌露出部のほとんどが「ラクダのシャツ」みたいな布だったことですな。少なくとも接写のカットでは生肌でいって欲しかった。
・そんなわけで、僕にとってこの映画の魅力の90%くらいは佐藤江梨子の魅力でありました(笑)
・だって設定が「豪邸にパンツ一丁で暮らしてる若い女」ですよ、、、正確にはブラもしてますが。
・そういう中で、しかしいわゆる「エロ映画」になっていないのは、多分、佐藤江梨子のキャラクター設定の所為でしょう。
・いわゆる「中身のない女」です。言い換えれば「屈託のない女」。体には色気がビンビンにあるけど、性格に色気のない女。こういうの、なんかアニメ的なのかもしれないです。
・若い女特有のふざけたようなしゃべり方。20代のうちに、こういうしゃべり方を上手く使える女は強いよなー、なんてことを思いました。

・現在再見しております。やはり面白いです。1800円払って映画館で見たら怒るかもしれませんが。
・過剰です。カメラワーク、リアクション、色彩、全て過剰です。この過剰さがつまりアニメであり、漫画なのだなあと。
・そういうところと、感情表現の「過剰でない」感じのバランスが上手いです。

・この作品においてアニメ的な演出は「外」、そうでない演出は「内」を示していますね。
・自と他が明確に分離される場において、人はアニメ的なリアクションをとる。それは「自分が自分として他人に認められる、わかりやすいリアクション」
・他人から求められる自分と、純然と自分である自分。これを「アニメ的演出」と「普通の映画っぽい演出」で描き分けてる。
・松尾スズキの使い方も上手いですね。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『キューティーハニー』 DVD
Excerpt: パッパッパヤッパ、パヤッパ〜♪ こういうバカ映画(もちろん、いい意味でね)というのは、ビール飲んで、げらげら笑いながら見るのがいいですね。 面白かったので、2回も繰り返して見ちゃいましたよ。(2回目..
Weblog: BLOG STATION
Tracked: 2005-08-24 14:47