2007年10月29日

10/27-28日記(転居記)

Pop is dead.
Pop is dead.■10/27
・諸般の事情により転居。
・世の中には「引越が好きな人」というのが居るのだけれど、僕にはその気持ちが分からない。

・確かに、環境の変化というのは楽しいものだけれど、引越にまつわるもろもろの煩わしさというのは、その後の楽しみをすべて相殺して余りあるほど不快だ。
・引越が決定してから1ヵ月あまり、仕事も忙しく、なかなかヒヤヒヤした。

・しかし私自身、独立してから引越を既に3回経験し、その中でなんとかノウハウを蓄積してきたので、今回については大きな混乱なく、比較的スムーズに事を運べた。

1.最初からあまり根を詰めて荷造りしない
2.「きれいに梱包する」ことを考えない
3.要るものと要らないものを丁寧により分けない(思い切って捨てる)
4.一部屋ずつ片づける
5.ゴミは想像以上に出るので、ゴミ処理業者を事前に手配する

・最低限必要なのはこんな感じか。個人的には4.が結構重要だと思っていて、つまりマイルストーンを設定し、それを可視化することが大切だと思います。
・あと「まあ、だいたい準備できたな」と思って油断してからが、結構つらいです。

・あとメモ。引っ越しする時に、現場に最後まで揃えておかなければいけないもののリスト。これは無いと、いざというとき困ります。

・ガムテープ、はさみ、カッター、太マジック(黒・赤)、ビニール紐、白紙(B5の計算用紙)、新聞紙、ドライバー、ティッシュペーパー、ウェットティッシュ、タオル、ぞうきん、せっけん、ゴミ袋

・あと、これは変態として覚えておくべき事ですが、アレなものを捨てようとゴミ袋に入れていると、落としたりした時にスイッチが入ってヴィーンとか動き出します。危険です。電池は抜いておきましょう。

■10/28
・とりあえず引越と旧居の整理にようやく片が付く。

・とりあえずのお祝いとして二人でイタリア料理店へ。
・仔羊の炭火焼がおいしい。
・私の普段の行動範囲内には、羊の肉を恒常的に扱う料理店がない。羊好きの私にとってそれはかなり致命的である。

・午前中、ガス開通。夜、カーテン取り付け。
・ガス台の使用には改造が必要とのことで、しばらく自炊は出来ないが、当面生活できる体制が整う。
・たとえば一枚のタオルや風呂、冷えたビール、こういうものがいかにありがたいものかを実感する。そういう「ありがたみわかり機」的な意味では、引越にも価値はあると思う。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック