2005年09月27日

9/26日記(買物ブギー・懐メロ・セックスの勉強)

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami)■笠木シヅ子
・某氏の日記に笠木シヅ子「ホームラン・ブギ」の事が書かれていたので、家にあった「笠木シヅ子全曲集」を引っ張り出してくる。
・何故そんな物まで持っているのか、なんて事は問題ではない。
・聴いていてやはり「買物ブギー」は名曲だと思う。

 ちょっとオッサン、これナンボ?
 オッサンいますか、これナンボ?
 オッサンオッサン、これナンボ?
 オッサンナンボで、ナンボがオッサン!

・ここら辺の感じはQueenのあの曲を思い出す。

 somebody somebody somebody somebody
 somebody find me
 somebody find me somebody to love!

・ちょっと違うか。
・歌詞カードによると「買い物ブギー」の歌詞の一部が削除されているらしい。
・どこの歌詞なのか気になるので調べておこう

■懐メロ
・思えば「いわゆる『昭和の歌』で、かっこいいな、と思える作品」ってどれくらいあるだろう。
・黛ジュンの「ブラック・ルーム
・笠木シヅ子「買い物ブギ」
・そして「ハチのムサシは死んだのさ」。この平田隆夫とセルスターズというグループはボサノバからジャニス・ジョプリンまでカバーしているピチガイ、いや、ノン・ジャンル・バンドです。

・また懐かしいCDが出てきた。ジョルジオ・モロダーが勝手に作った「メトロポリス」のサウンド・トラック
・Yesのジョン・アンダーソンが参加していて、僕にとって彼の歌声を初めて聴いたCDになる。
・1984年作品。クラフトヴェルクやトレバー・ホーン(アート・オブ・ノイズ)の影響を強く受けたシンセベースやゲートドラム。やはり、ここら辺が僕にとっての「懐メロ」って事になるなぁ。

■セックスを勉強するという事
・昔のビデオを見ていて、木原愛美というAVの人を久しぶりに見る。
・いわゆる「ウブな女」の典型。
・恥ずかしがり方とか、めちゃくちゃ良いんですが、実際にこんな女の子と付き合って、セックスするのはごめんだと思う。セックスの仕方を一から、というかゼロから教えるなんてめんどくさい。
・で「セックスを学ぶ」という事について考えた。

・結局、セックスもブログも同じ事で、まずは「学ぼうとする積極的な心」、そして「他社の立場に立った謙虚な心」、この二つが大切だと思う。

・まず、「上手くなろう=気持ちよくなろう」という気持ちがなければ、勉強なんてできないんです。オナニーの時に自分の体をいろいろ触ってみる、それを元に、異性ならどこが感じるのかを、独自に推測してみる。これ、加藤鷹の基本でもあるんじゃないかなぁ。
・そして、相手のことを考える。自分がどう動いたら相手が気持ちよがるのか、そういうことを随時観察しながら動く。自分だけ気持ちよければいいなんて考えていると、結局、良いパートナーと続かないし、その結果、自分が気持ちよくなる機会をも逃すわけです。

・積極性と謙虚さは、何にかかわらず、人生のあらゆる場面において重要なことだと思いますよ。
・積極性は好奇心、謙虚さは観察力にも置き換えられますね。いずれにせよ、「自己以外への関心」ということか。自己にしか関心のない人間は、成長するわけないもんね。

■その他
・車の修理できず。20日より、エンジンの回転数が3000から上がらないこと度々。
・書店にて「百鬼園写真帖」購入
翁達磨、高橋邦弘氏が好きな蕎麦の薬味は「辛味大根」。
・僕はまともなそば屋では、葱も山葵も入れない。たまに七味をかけるくらい。基本的に葱というのは蕎麦(もり)の薬味としては下品だと思う。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック