2005年10月03日

ブックマーク派?RSSリーダー派?

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) ブログに関して何か書くの、億劫なんだけど、でも最近ちょっと話題なあれ。
 皆さんは「ブログを書いてる人」に興味がありますか?

 「プロフィールなぞどうでもいい」という人がいて、僕は「いや違うだろ」と思った。いや、違うというよりも「俺は興味あるよ、プロフィールに」と思ったのだ。
 僕はブログを書いてる人に興味があって、その「ブロガーの人そのもの」に魅力のないようなブログって、結局は面白くないんじゃないか、と思うわけです。

 「記事に興味がある」人と、「ブロガーに興味がある」人って、わりときれいに分かれるような気がするんですよ。で、僕はそれって「ブログの読み方」によって分かれるんじゃないかな、と感じているのですね。

 はてなブックマーク等で、記事単位でページをクリップして読んでいる人には「記事に興味がある派」が多いのではないだろうか。
 対してブログ自体をRSSやお気に入りに入れて読んでいる人には「ブロガーに興味がある派」が多いと思う。
 要は「固定読者になっているか否か」、それだけの話なのだけれど。
 固定読者になっていれば、自然と人に興味が出てくる。

 で、なんでこんな事を書くのかというと、今日こういう文を読んだからなのですよ。

>弱小ブロガの殆どは芸風が確立していない。
>故にエントリの話題があっちゃこっちゃ行ったりする。
以上、はてなブックマーク百人委員会 -はブ洗脳の恐怖より引用

 この記事の趣旨とはちょっとずれた取り上げ方をするんですが「話題があっちゃこっちゃいく」って、必ずしも悪いことでもなくて、僕はむしろ良いことだと思うのですね。
 話題に統一性があるブログって、自分から読者とそのニーズを特定してしまうわけで、読者獲得は効率的になるものの、その分、なんというか人間味の演出は難しくなるような気がする。そういうブログの場合、読者は一つの方向からしかブロガーを眺められないからです。

 いろんな事を書いて、いろんな面を見せる、読者の中で、ブロガーの像が次第に立体的になる。僕は読者として、こういう感覚が好きです。

 実は、この記事と真っ向から対決するような記事を一年ほど前に書いてたりする。いやぁ、僕っていい加減な人間ですね。まさにぐるぐる回っている。でも、回りながら、少しずつ形を変えたり、ある時突然、方向を変えて回り出したりする。
 そういうのもまた、ブロガー観察者にとっては面白いのではないか(と、ごまかしておく)

【TB先】
・Blog向上委員会: ぐるぐる回るよどこまでも
・304 Not Modified: 自分語り系ニュースサイト
・ディープ素人 - はてなブックマーク百人委員会 -はブ洗脳の恐怖
この記事へのコメント
最初は、記事に興味を持って そのブログに入っていくんですが、そのブログで2.3回興味をそそる記事があればその時点でRSS行きになります。まだ、その時点では、そのブロガーに興味はなく、RSSで定期的に読むようになれば、徐々にブロガーに興味をもつようになります。
だから、興味を持った時点で、Aという議題の多少面白くない記事であろうとも そのブロガーの人物像がわかれば、それを踏まえて読みますので、知らないところで読むよりは面白くなると思うんです。

でも 最初は記事からなんですよね。
Posted by π氏 at 2005年10月03日 23:51
■π氏さま
 企業HPや企業ブログについて考える機会があって、ブログと人とは、あるいは「個々の記事の価値」と「更新によって記事が忘れ去られること」とか、ここら辺、考え出すと深いんですよ。

 記事が流れる、というのはブログの特性で、流すに惜しい記事も多いものの、流れるからこそ(新しいものが)読まれるし、流れることによってブロガーの人物像が徐々に分かってくる、という面白さが演出される。

 ブログ登場以前のwebページとは、似ているようで全く違う。これ、記事にしたいけど書き出すとキリがないような気がします。
Posted by LSTY at 2005年10月04日 10:46
■π氏さま、ふたたび
 ↑なんか会話が成立してないような気がしますが(笑)最初は一つの記事から始まって、RSSリーダーで読むようになって、記事の積み重ねが人物像になる、という事から書いたレスポンスです。ちょっと脳内で先走りすぎました。
Posted by LSTY at 2005年10月04日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック