2008年04月15日

4/14日記(iTunesのUI・畏悦録・パフューム)

Pop is dead.
Pop is dead.・iTunesのUIにはいくつか文句がある。
・まず音楽をCUI(文字検索)で操作するという根本の考え方が気にくわない。
・あと、文字検索しかできないくせに検索対象が少ない。

・グルーピングやコメントが検索対象になってないので、例えば「P-Funk」で検索したい場合はComposer欄に無理矢理「P-Funk」って入れるしかない(他に良い方法があったら教えて欲しいと思います)
・ユーザが独自のタグを複数つけられるような機能がないと、とてもじゃないが快適には使えない。

・昨日はマイケル・ナイマンを聴いてたんだけど、ナイマンの場合「現代音楽」になるのですね。
・昨日の気分ではマイケル・ナイマンとシネマティック・オーケストラあたりをシャッフルで聴きたいなあ、と。
・しかし現代音楽のジャンルでくくると、カールハインツ・シュトックハウゼンやスティーブ・ライヒやピエール・アンリも引っかかってしまう。これ、シャッフルでは聴けないわけですよ。
・だから理想としては、各曲に複数のタグをつけて、複数条件で絞れるということ。これは理想というより、CUI的な考え方で音楽を聴く場合に最低条件かも。

・マイケル・ナイマン[サウンドトラック][現代音楽]
・シネマティック・オーケストラ[JAZZ][現代音楽][サウンドトラック]
・シュトックハウゼン[現代音楽][実験音楽]
・ピエールアンリ[現代音楽][コンクレート][Mondo]

・とまあ不満はあるものの、持っている音楽全てのシャッフル再生ができるというのは、非常に良いことだとは思う。現時点でPC内の音楽は1万曲を超えたのだけれど、その中でシャッフル再生をすると買った覚えの無い曲なんていうのも結構ある。その中で名曲を見付ける楽しみ。
・先週はコン・ファンク・シャンが良いなあ、と。ベスト盤を買って一度聴いて「ゆるいなあ」と放っておいたんだけど、改めて聴くと良い感じ。アベレイジ・ホワイト・バンドなんかも去年聴き直して好きになった。
・何を今更、という気もするけどわりとそういう出会いがあったりする。3枚組4枚組のCDって、買ったら消化すること優先で真面目に聴かないじゃないですか。そういう音楽との再会の機会を提供してくれるという意味で、iTunesが好き。

・一日断酒。今日は飲まない、と思ったらまあ飲まずに済むものだ。
・水木しげる「畏悦録」読む。所収の怪作「コケカキイキイ」は水木しげるらしい、説教臭い現代妖怪譚。僕が面白かったのは「霊形手術」で、花嫁がウェディングドレスで古い町並みを歩くシーンが実に怪奇(笑)
・やはりこの頃の水木しげるは背景が良い。素晴らしい絵。この頃多分、つげ義春がアシスタントだったんじゃないですかね。ある時期のつげ作品に特徴的な緻密な書き込みの背景。こういうのって大友克洋のルーツなんでしょうね、多分。

・深夜、NHKでパフューム特集。「テクノポップユニット」という肩書きもおかしいし、ボテッとした衣装でアイドル的に歌い踊るのもおかしい。完全にタガが外れている感じ。
・「B級アイドル」の市場があって、それとは別に「歌物テクノ」の市場がある。パフュームが売れているのはその二つの市場に受け入れられたから。基本的にそれだけのものだと思う。それが、なにか変な受け止められ方をしているという感覚。歴史あるアイドル雑誌「BOMB!」の表紙がパフュームっていうのは、ちょっと受け入れがたい。
・まあいいや曲が良いから。今後はCDだけで楽しんで、テレビは見ないようにしよう。

畏悦録-水木しげるの世界 (角川文庫)
畏悦録-水木しげるの世界(角川文庫)
posted by LSTY | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
 僕はアルバム単位で聴く事が殆どなのでシャッフル使いませんが、なるほど複数のタグを登録出来るのだったらシャッフルも良いなあ。
 それと、iTunes に読み込んだ際に自動で登録されるジャンル分けには違和感を覚える事ばかりなので、一々消してます。あの項目は要らない。邪魔です。
 ラジオから流れてくる Parfume の曲聴いていると、Chappie 思い出します。確かシングル持ってたはずなんだけど見当たらない。
Posted by doggylife at 2008年04月15日 22:02
通りすがりでごめんなさい。
ITUNEの音楽にタグ分類っていうのに興奮したのでコメントします。
随分前からITUNEのジャンル欄へヒマな時に執念のタグ付けをちょくちょくやって、大体1万曲くらいタグを付けているんですが、無茶苦茶便利ですよ。本当に面倒くさかったですけど。
タグの付け方に個人のブレが出て例えば「イージーリスニング」のスマートプレイリストでランダム再生したら「アントニオカルロスジョビン」→「ライヒ」→「どこかで拾ったネコによるテルミン演奏」→「カトちゃんのちょっとダケヨの曲」みたいな流れが出て個人的に面白いです。
Posted by 通りすがり at 2008年04月17日 14:48
■doggylifeさん
 実は僕もジャンルはあまり使ってません。わりとまめに修正したりするけど、実際にジャンルで絞り込み再生をするのは「落語」くらいです。
 「落語」ジャンルで絞り込んで、シャッフルで頭出し再生をしながら今日の気分はどの噺だろう…とか探ってます。
Posted by LSTY at 2008年04月28日 08:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック