2005年11月29日

あなたは「クズみたいな提案書」を作っていないか?

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) 会社で出てくる提案書がひどい。

 ページをめくるたびにウンザリする。8ポイントくらいの文字が、同じ大きさでズバババババ、と並んでいる。細かい数字で埋められた表がある。得意げにグラフがおさまっている。
 で?で、何が言いたいのさ?

 というわけで、提案書に求められる最低限の要素を挙げておきます(A41枚だけの簡単な社内提案書を想定)

・提案書は「30秒で見て『言いたいこと』が分かる」ものでなければいけない
 強調されたセンテンスを上から下までざっと読んで、大意が把握できなければ、それはクズ提案書だ。
 30秒で相手を納得させろ、ということではない。あなたが「最終的に何を言いたいのか」を、30秒で伝えること。まずそれを考えるべきだ。

・提案書の要素は4項目(3と4は一項目にまとめてもよい)
 1.現状)今、どういう状態にあるのか
 2.現状・仮説)問題点
 3.仮説・対策)問題解決のためにに何が必要か
 4.対策)問題解決のために何をするか

・それぞれを30〜40文字(最大50文字)でまとめて、大きな文字で書く。

・現状は、表やグラフを使って説明する。
・表やグラフを挿入する際の注意点
 1.注釈・コメントを必ず入れる(注釈のない表やグラフなら、作らない方がマシ)
 2.表は、注目するべき数字に丸を付けるか、文字を大きくする。
・コメントには下記を含めること 
 1.評価(現状の数字は良いのか悪いのか)
 2.要因(数字が何故上がっているのか、下がっているのか)
 3.見込(今後良くなるのか悪くなるのか)

・対策には、具体的な方策を挙げる。一つでも複数でも良いが、欲張ってたくさん挙げすぎないこと(3〜4つが適当)
・経費は概算でも良いから必ず書く。
・あまり細かいことをクドクド書かないこと。経営者が知りたいのはあなたの実務ではない。その対策を打ってどれだけ儲かるのか、なのだから。

以上。
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(1) | 仕事など | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
数ヶ月前に、この本を読んでから、チョットだけ文章の書き方が変わりました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062572451/

ハウツーものには手を出すまい、と思っていたのですが、この本はいい本だった。
Posted by えっけん at 2005年11月29日 18:38
■えっけんさま
 買うのは恥ずかしいので立ち読みしよう。

 因みに僕のおすすめはこれ。なんか違うけど。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480025774/
Posted by LSTY at 2005年11月30日 13:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

今日はビジネスについていくつか
Excerpt: たまにはまじめにビジネスの話でも。 多分もう二度とないだろうけど(笑) あなたは「クズみたいな提案書」を作っていないか? 提案書で、数十枚に及んで書いて、たくさん書けば優秀だと思ってる人多い..
Weblog: 蚊にクリーム
Tracked: 2005-12-12 09:39